Logicool G903h (HERO)のレビュー

旧モデル「G903」のセンサーであるPMW3366から最新世代のHERO 16Kに変更した最新モデル。正式名称は「G903 HERO LIGHTSPEED Wireless Gaming Mouse」。トラッキング性能が300IPSから400IPSに向上し、解像度も200~12,000DPIから100~16,000DPIへ広がった。その他、ロジクール自社製のセンサーになったことにより、直線補正と加速を完全に切ることに成功している。バッテリー駆動時間が驚異の180時間に伸びているのもポイントが高い。また「Logicool G HUB」に対応することで細かいDPIも変更可能となっている。2019年6月27日発売。

このモデルの元となっているLogicool G900は世界で初めて有線に匹敵する無線ゲーミングマウスとして衝撃的なデビューを果たした。その見た目は未来からの侵略者、ターミネーターを意識しているのではないかと僕は勝手に思っている。G PRO WIRESSが出た今では軽さで負けてしまうので、このモデルはバッテリー駆動時間が最長という特色を出したのではないかと思う。重いマウスが好きな人も少数派だが存在するのでそういった人に請求力の高いモデルとなっている。

長所

〇充電式のバッテリー駆動時間が180時間とトップクラス。
〇無線モデルながら有線にして充電しながらもプレイできる。
〇左右対称モデルだが利き手と逆側のボタンを自由に着脱できる。左利きに優しい。
〇LIGHTSPEEDというロジクールの独自技術により、無線ながらも有線並の高速通信が可能。
〇ロジクールの自社開発センサーにより、直線補正と加速を完全に切ることができる。従来のPix Art Imaging社のセンサーだと不可能だった。
〇どのDPIでも安定動作するトップクラスのセンサー。
〇万人受けする持ちやすい形状。どんな持ち方でも違和感がない。
〇七色に光るLED機能を搭載しており、見た目がいい。
〇保証が2年間と手厚い。壊れてもすぐ送ってくれる。
〇重量調整システムがある。最大10g。

短所

×重い。

製品仕様

・通信方式:無線(有線にもできる)
・センサー:光学センサー「HERO 16K」
・形状:左右対称
・バッテリー時間:最大180時間
・トラッキング速度:400IPS
・解像度:100~16,000 dpi、50dpiごとに変更可能
・大きさ:横66.5mm、縦130.3mm、高さ40.4mm
・重量:約110g
・メインボタンスイッチ:耐久性5000万回
・サイドボタンスイッチ:耐久性5000万回
・ホイールエンコーダー:24回刻み
・リフトオフディスタンス:0.8~1.3mm
・マイクロプロセッサ:STMicroelectronics製の「STM32L100」、32bit ARM
・ドライバレス機能あり
・ソフトウェアマクロ機能あり
・レポートレート:125Hz、250Hz、500Hz、1000Hz
・LED:搭載
・ボタン数:12個
・加速:完全ゼロ~調整可能
・直線補正:完全ゼロ~調整可能
・ケーブルは布巻きでやわらかめ
・最大加速:40G
・保証期間:2年間
・センサー位置:中央
・発売日:2019年6月27日
・マウスソール:PTFE
・追加重量:最大10g

コメント

タイトルとURLをコピーしました