SteelSeries Rival 310のレビュー

SteelSeriesの右手専用、万人向けゲーミングマウス。いわゆるIE3.0のクローンと呼べる形で、大きくて握りやすくどの持ち方でも違和感がないマウス。SteelSeriesは先生やライバルなど日本語がついた製品を展開しているので僕らには馴染みやすい名称だ。同社のマウスではSenseiとならぶ2大ブランドで安いモデルから高いものまで幅広いラインナップを誇る。その持ちやすい形状から全世界に幅広くファンが存在する。この310は特に基本形とも呼べるモデルで癖がない万人向けのタイプだ。大きいマウスが好きな人には一度は使ってほしいマウスと言える。センサー性能やリフトオフ、スイッチの耐久性など全体的にも非常に高い性能を持っている。

長所

〇どのDPIでも安定動作するトップクラスのセンサー。
〇リフトオフディスタンスが1.3mm以下。短くて使いやすい。
〇万人受けする持ちやすい形状。どんな持ち方でも違和感がない。
〇七色に光るLED機能を搭載しており、見た目がいい。
〇左右メインボタンにはオムロン製の5000万回高耐久スイッチを採用。
〇ドライバレス機能を搭載し、パソコンが代わっても自分の専用設定を維持できる。
〇直線補正と加速を切ることができ、調整も可能。
〇ケーブルがかなり柔らかく、取り回しやすい。ローセンシでも安心。

製品仕様

・通信方式:有線
・センサー:光学センサー「TrueMove 3」、PixArt ImagingのPMW3360系統でSteelseriesとの共同開発。トラッキング性能は最高峰
・形状:右手専用
・トラッキング速度:350IPS
・解像度:100~12000cpiまでで、100cpiごとに変更可能。
・大きさ:大きめ。横幅70mm、縦幅125.5mm、高さ42mm。
・重量:約88g
・メインボタンスイッチ:オムロン製のD2FC-F-K(50M)で、公称耐久回数は5000万回。
・サイドボタンスイッチ:Kaihua Electronics製
・ホイールエンコーダー:ALPS製、24回刻み
・リフトオフディスタンス:1.0~1.3mm、かなり短い。
・リフトオフディスタンス調整機能なし
・マイクロプロセッサ:STMicroelectronics製の「STM32F1036U6A」で、32bitプロセッサ。
・ドライバレス機能あり
・マクロ機能あり
・レポートレート:125Hz、250Hz、500Hz、1000Hz
・LED:搭載
・ボタン数:6個
・加速:なし~調整可能
・直線補正:なし~調整可能
・ケーブルの外側はビニールでやわらかめ
・最大加速:50G
・保証期間:1年間
・センサー位置:中央

コメント

タイトルとURLをコピーしました