Logicool G304のレビュー

5000円以下で買えるコストパフォーマンス最強の無線ゲーミングマウス。一言でいえば1万5000円以上するG PRO Wirelessの低価格モデルで、大きさや形はほぼ同じだが中身や重量が違うモデル。最も大きな違いはやや重いことなのだが、単三電池の入れ物に単四電池を入れる変換スペーサーを使うことでG PRO Wirelessに匹敵する超軽量にできるのが特徴。センサーも高性能でその他の性能も必要十分なので、無線デビューにぴったりのモデルと言える。手が小さい人でも持ちやすい小型マウスなので日本人に最適だ。

長所

〇コストパフォーマンスが最強クラス。
〇単三電池変換スペーサーを使えば単四電池で動かせて、重量が83gの超軽量に。
〇日本人に最適な小さい形。外国人向けの大きいマウスが苦手な人も持ちやすい。
〇LIGHTSPEEDというロジクールの独自技術により、無線ながらも有線並の高速通信が可能。
〇ロジクールの自社開発センサーにより、直線補正と加速を完全に切ることができる。従来のPix Art Imaging社のセンサーだと不可能だった。
〇どのDPIでも安定動作するトップクラスのセンサー。
〇メインボタンに高耐久で定番のオムロン製スイッチを採用。
〇七色に光るRGB機能を搭載しており、見た目がいい。
〇保証が2年間と手厚い。壊れてもすぐ送ってくれる。

短所

×マウス後方に重量が片寄る。
×電池だと維持費がかかる。エネループだとやや重くなる。経年劣化はしにくい。
×マウスパッド最適化機能はない。

製品仕様

・通信方式:無線
・センサー:光学センサー「HERO」、トラッキング性能はトップクラス
・形状:右利き専用
・バッテリー時間:最大250時間(低動作モードなら9カ月)
・トラッキング速度:400IPS
・解像度:200~12,000dpi、50dpiごとに変更可能
・大きさ:横62.15mm、縦116.6mm、高さ38.2mm
・重量:約99g
・メインボタンスイッチ:オムロン製の「D2FC-F-7N(10M)」で、耐久回数1,000万回
・サイドボタンスイッチ:オムロン製の「D2FC-F-7N」
・ホイールエンコーダー:24回転
・リフトオフディスタンス:1.0~1.5mm
・リフトオフディスタンス調整機能なし
・マイクロプロセッサ:32bit ARM
・ドライバレス機能あり
・ソフトウェアマクロ機能あり
・レポートレート:125Hz、250Hz、500Hz、1000Hz
・LED:搭載
・ボタン数:6個
・加速:完全ゼロ~調整可能
・直線補正:完全ゼロ~調整可能
・最大加速:40G
・保証期間:2年間
・センサー位置:中央

コメント

タイトルとURLをコピーしました