Steelseries Sensei 310のレビュー

SteelSeries XAI(才)から続く、日本語の名前が特徴的な同社の伝統的小型フラグシップマウス。XAIから基本形状は変わっていないが、中身のスイッチ、センサー、表面加工、グリップなどは進化を続けてきた。結論からいうと、XAI以降から続くこのシリーズの中で一番の出来で、非常に優秀なマウスに仕上がっている。その中でも特筆すべきは、1mmの非常に短いリフトオフディスタンスと、更なる持ちやすさを実現した側面のシリコングリップであろう。リフトオフディスタンスは短ければ短いほど、見違えるほど操作性が増す。これを使ったあとにリフトオフが長いマウスは正直使えないと思うほどだ。そして側面のグリップのおかげで、過去製品よりもさらに握りやすくなった。

長所

〇ゲーミングマウスの中で小型なので、手が小さい日本人にとって操作しやすい。
〇リフトオフディスタンスが1mmで、トップクラスの短さ。
〇メインボタンにはSteelseries製の6000万回高耐久スイッチを採用。
〇ドライバレス機能を搭載し、パソコンが代わっても自分の専用設定を維持できる。
〇直線補正と加速を切ることができ、調整も可能。
〇どのDPIでも安定動作する最高レベルのセンサー。
〇万人受けする持ちやすい形状。どんな持ち方でも違和感がない。
〇LED機能を搭載しており、見た目がいい。
〇XAI、SENSEIなどこれまでの同シリーズの中で一番扱いやすい。
〇ケーブルがかなり柔らかく、取り回しやすい。ローセンシでも安心。

短所

×利き手と逆側のサイドボタンが邪魔。オフ推奨。

製品仕様

・通信方式:有線
・センサー:光学センサー「TrueMove 3」、PixArt ImagingのPMW3360系統でSteelseriesとの共同開発。トラッキング性能は最高峰
・形状:左右対称
・トラッキング速度:350IPS
・解像度:100~12000cpiまでで、100cpiごとに変更可能
・大きさ:小さめ。横幅70.4mm、縦幅125.1mm、高さ38.9mm。
・重量:約93g
・メインボタンスイッチ:Steelseries製のD2FC-F-K(50M)で、公称耐久回数は6000万回。
・サイドボタンスイッチ:Kaihua Electronics製
・ホイールエンコーダー:24回刻み
・リフトオフディスタンス:1mm、かなり短い。
・リフトオフディスタンス調整機能あり
・マイクロプロセッサ:STMicroelectronics製の「STM32F1036U6A」で、32bitプロセッサ。
・ドライバレス機能あり
・ハードウェアマクロ機能あり
・レポートレート:125Hz、250Hz、500Hz、1000Hz
・LED:搭載
・ボタン数:8個
・加速:なし~調整可能
・直線補正:なし~調整可能
・ケーブルは布巻きでやわらかめ
・最大加速:50G
・保証期間:1年間
・センサー位置:中央

コメント

タイトルとURLをコピーしました